チャイルドスポンサーシップについて調べてみました

今回は社会貢献について調べた事を書いてみますね。

チャイルド・スポンサーシップをご存知でしょうか?
「国際NGOワールド・ビジョン」が行っている支援のことです。

毎日ご飯を食べ、水を飲み、勉強し夢を持ち、安心して眠る。
10億2000万人もの子ども達が「当たり前」の生活が出来ずにいます。
チャイルド・スポンサーシップは、月々4,500円でそんな子ども達をサポートする国際的なプログラムです。

児童労働、紛争などで学習の機会を与えられず、夢を持てない子ども達が発展途上国には多くいます。
夢を持てない子ども達が貧しいまま大きくなり、また夢を持てない子どもが育つ。
チャイルド・スポンサーシップによって、その負の連鎖を断ち切りませんか?

日本人はチャリティや寄付に積極的ではない、と言われます。
どれだけ寄付に熱心な国かを示す2015年の「世界寄付指数」では、日本は102位。
1世帯当たりの寄付額はアメリカの100分の1と言われます。

地震などの救済で一時的に寄付額が上がることがあっても、継続した支援は少ないのです。
宗教上、税制上の理由もありますが、「寄付がどのように使われているのか分からない。」という不安感が強いからではないでしょうか?

チャイルド・スポンサーシップでは、「子どももスポンサー(寄付する人)も幸せを感じる支援」を目指しています。

自分が支援している子どもの成長記録が定期的に届き、実際に会うことも出来るのです。
自分の目で明確な「結果」を確かめることは、スポンサーの幸せでもあり、プログラムへの信頼にも繋がります。

また、チャイルド・スポンサーシップでは、一時的な物資サポートではなく、その地域の人々が暮らしを維持できるようになるまで援助は継続されます。
直接子ども達にお金を渡すという方法ではなく、必要な支援を見定めて行います。
その支援期間は約15年。
チャイルド・スポンサーシップでの継続した支援が、幸せな未来を生みます。

チャイルド・スポンサーシップに関する年次報告は、ワールド・ビジョン・ジャパンのサイトからも確認することが出来ます。
2016年で総事業数30カ国127箇所。

資金の約82%は現地での事業活動の為に使われています。
事業活動内容が簡単に確認出来るのもチャイルド・スポンサーシップの信頼の証です。

チャイルド・スポンサーシップを行う、ワールド・ビジョンが活動を開始してからまもなく70年。
世界100カ国の人々が、支援に参加しています。
チャイルド・スポンサーシップで、毎日ペットボトル飲料一本分の支援を行なってみませんか?
あなたの継続的なサポートが世界を変えていきます。

チャイルド・スポンサーシップの評判と気になる口コミ
http://xn--eck8agg2bq2b6h2b2c3etevesa.com/